Tribute to My Father

Posted on Monday 20 December 2010

As 2010 begins to wrap, before my routine year end holiday message is sent out, I’d like to take a moment to send my tribute to my father who passed away this April.

Over a half century, he served as one of the prominent political journalists of his generation. His stubborn passion to social justice kept him out of financial/career success.
But his persistent underground journalistic effort earned him tremendous respect from his piers.
At the age of 77, in bed of ICU room, he was still talking to me about his new documentary show idea. He cared so much of his country and people.

以下の文章は今年4月に他界した父、ばばこういちの葬儀の時に読んだものです。
ジャーナリストとして50年以上も闘い続け、金や地位には無縁でしたが、仲間達に愛されたカッコイイ父親でした。

ーーーーーーーーーー

私が恐らく6歳、7歳の頃、誕生日におもちゃを買ってやろうと、秋の灰色の空の午後、父は私を浅草まで連れ出した。
その頃、何をやるにも姉と一緒だった私が父と二人きりで会うのは珍しく、 葉をほと
んど落としてしまった肌寒い並木道を、私は緊張しながら父と歩いた。


「手をつなごう」まるで棒読みの台詞のように言って、父は私の手をとった。今考えれば、不器用ながら一生懸命示した彼なりの愛情表現だったのであろう。



私が5歳の時に父と母が離婚して以来、私と姉の未果は母に育てられた。

仕事に情熱を燃やしていた父にとって息子や娘と過ごせる時間はごくわずかであり、子
供との接し方を彼なりに模索している様子だった。

幼い私は、そんな父の心境を感じ取れるはずもなく、理由をみつけては手をほどき、ぎ
こちない父と息子の時間にいたたまれず、早くおもちゃを買ってもらって家に帰りたい
と思いながら、道路を埋めていた枯葉と自分のスニーカーが擦れる音に耳を傾けていた。



権力を嫌い、平等を唱い、ジャーナリストと言う立場から日本の未来の為に半世紀以上
も闘ってきたばばこういちは、小柄のわりに独特の迫力を持った男だった。

しかし、子供を前にしてはどうして良いのかわからず、愛情表現に乏しく、私にとって
は遠い存在の父親であった。



父が死ぬ2週間前、急遽帰国した私は病室を見舞った。その翌日にはアメリカへ帰らな
ければならない。
父の意識はもう二週間戻っていなかった。私は、父の手を握り、目を見つめ、声に出して「かっこいい父親でいてくれて有り難う」と言った。
意識のないはずの父は口をパクパクとさせ、目に涙をため、私に何かを訴えているよう
だった。

その時、父がこれまでずっと上手く表現する事のできなかった息子への愛情は、私の心
の芯にひしひしと伝わって来た。言葉も、意識もない父が残したその感情は、どんなス
イートな言葉よりも深く、暖かいものだった。
この瞬間が、私にとって父との最後の 時間となった。



77歳になっても社会の未来を常に考えていた父にとって、まだまだやり残した事は沢
山あったに違いない。「我が人生に悔いなし」とは決して言えぬ無念の結末であったろう 。
でも、 それは決して不幸な事ではないと思う。 恐らく父は200歳まで生きても、ま
だやり残した事があると言って死んで行ったと思う。
晩年、病床でさえも、今の日本には何が必要か、自分に何ができるか、と目を輝
かせて 、熱く語っていた。
悔いを残して死んで行くと言うのは、裏を返せば、それだけ未来へ、そして己の可能性へ挑戦し続けて来たと言う事だと思う。

沢山やり残し、悔いを残して死んで行ったばばこういち。

そんな父を誇りに思い、うらやましくも思う。
私が死ぬ時にまだ、そんなふうでいられ
たら、残されていく者たちは幸せに違いない。

15 Comments for 'Tribute to My Father'

  1.  
    JP
    December 22, 2010 | 12:53 am
     

    Sounds like a wonderful man. Happy holidays!

  2.  
    December 22, 2010 | 1:52 am
     

    This one is so personal, Dice.. it’s one of the painting that I was going to get before I chose the ‘Suspicious’ one. You dad sounds like a great man – I’m sure he was… and I’m sure he really proud of you and your achievements – you’re a great man. I hope you have a great holiday and a happy new year! 🙂

    All the best for the year of 2011. 🙂

    -Charles

  3.  
    December 22, 2010 | 3:25 am
     

    It sounds like a Incredible man. I am really sorry about his death. He is an example and for sure his spirit lives in you too. We take our dearest people in the heart, with us.

  4.  
    December 22, 2010 | 4:40 am
     

    本当に素敵な文章だと思います。この文を読めて良かったと心から思います。
    素敵な記事を書いていただいてありがとうございます。

  5.  
    December 22, 2010 | 7:56 am
     

    Hi Dice, this piece is so beautiful and touching!! And everybody is right, you’re dad was a wonderful man like you are. 😀

    Happy Holiday!!

    T.

  6.  
    December 22, 2010 | 11:22 am
     

    My regards on a huge loss Mr. Tsutsumi. Best to you,
    Sincerely.

  7.  
    December 22, 2010 | 5:02 pm
     

    堤さん、良いお年をお迎えください。

  8.  
    December 24, 2010 | 1:57 am
     

    A lovely tribute Dice. Wishing you and yours all the very best for the coming festivities and a happy and peaceful New Year…

  9.  
    December 25, 2010 | 7:32 am
     

    贈る言葉に心打たれました
    文章を読んでから手をつないでいる絵を見ると
    うれしそうな少年の顔が見えるような気がしました

    堤さん、コメントありがとうございます
    感激しました

  10.  
    jean-yves
    December 25, 2010 | 10:15 am
     

    Your father must have been a wonderful person. True to himself just like Frédéric. I take the occasion to thank everybody for their kind words for Frédéric. I printed the blog’s entrée for him with all the comments. “Merci,merci.merci”

    Merry Christmas Dice, family and all the bloggers.

  11.  
    December 26, 2010 | 11:10 pm
     

    文章を読んでから絵を見るとすごく気持ちが伝わります。

    堤さんのお父さんはジャーナリストだったのですね。
    すごくカッコイイお父さんですね^^

  12.  
    JC
    December 30, 2010 | 6:07 pm
     

    a great tribute….and a beautiful painting to boot. your father is very proud of you Dice. I, for one, am thankful to him for your existence! =0)
    hope you’re having a great holidays so far.

  13.  
    January 6, 2011 | 6:14 pm
     

    hi everyone..

    sorry about being sentimental here. Didn’t mean to draw sympathy but just really wanted to share my tribute and respect for my father here. and thank you so much for your comments and emails.

    –JP
    yes he was…in his own way! 🙂
    thank you!

    –Charles
    Yeah, what you got is one of my favs too.

    –Pablo
    thank you Pablo.

    –船さん
    ありがとうございます。
    そういっていただけて嬉しいです。

    –tatiana
    gracias Tatiana.
    Bueno ano nuevo!

    –Kik-e
    thank you. very nice of you to leave a message here

    –David
    you too david!

    –Suzuさん
    こちらこそ。ありがとうございます。
    2011年もよろしくおねがいします。

    —Jean Yves
    of course!

    I got more personal msgs from people praising Frederic!! Bravo to him!

    –Nanamiさん
    はい、、本当にかっこいい人でした。父親としては、、、な時もありましたが、彼の背中をみて育ちました。

    —JC

    it was great chatting with you the other day.
    hope your 2011 will be amazing! Cannot wait to read your comic

  14.  
    January 9, 2011 | 6:37 pm
     

    堤さん、
    いつも堤さんの素敵な作品を楽しまさせていただいてます。
    同じ日本人として、アーティストとして堤さんにはたくさんインスパイアされてきました。
    今回のこの記事を見て涙が止まりませんでした。
    心からお悔やみ申し上げます。

    2011年も堤さんのますますのご活躍をお祈りします。
    ジュンコ

  15.  
    andrea
    February 16, 2011 | 2:46 am
     

    As a father, I love and live the feelings of the picture ,and the tenderness and kindness of your posting.
    Regards and Thanks

Leave a comment

(required)

(required)


Information for comment users
Line and paragraph breaks are implemented automatically. Your e-mail address is never displayed. Please consider what you're posting.

Use the buttons below to customise your comment.


RSS feed for comments on this post | TrackBack URI